観光

2018.02.07

2月8日は淡嶋神社にて1年に1度の『針供養』が行われます。

702 view

スタッフ名:鎌田

加太でおもしろいを再発見!眠っている【針】はありませんか?

2月8日に加太淡嶋神社にて1年に1度の行事『針供養』が行われます。

針供養とは、折れたりさびたり曲がったりして使えなくなった針を神社におさめる行事です。ただ神社に納めるだけではなく、役目を終えた針に対する感謝の気持ちをあらわすとともに、裁縫の上達も祈う行事とされています。

日本には物を大切に扱い、感謝する気持ちから伝統的な行事が行われていますが『針供養』もそんな伝統文化のひとつです。
『針供養』とは?
針供養とは、折れたりさびたり曲がったりして使えなくなった針を神社におさめる行事です。
ただ神社に納めるだけではなく、役目を終えた針に対する感謝の気持ちをあらわすとともに、裁縫の上達も祈う行事とされています。

針供養では「ずっと硬いものに通してがんばってくれたので最後は柔らかいものに通して休んでください」という想いから通常は豆腐やこんにゃくなどに刺して供養します。

 
しかし、淡嶋神社では境内にある針塚に納められ、仕事を終えた針にまた仕事をさせることになるので塩で錆びさせて土に還すという方法をとっています。


現在全国の有名な神社で行われている『針供養』ですが、その発祥は加太淡嶋神社と言われています。
 
ご自宅に使わなくなった裁縫針があれば是非2月8日淡嶋神社に足を運ばれてはどうでしょうか?
またそうではない方も一度『針供養』をご覧になってみてはいかがですか?
 
画像1

MORE

PAGE TOP