観光

2023.02.08

活気に溢れる田尻漁港朝市

16,842 view

スタッフ名:李 永

画像1
近日、休暇村に泊まれたホンコンのお客様から関西空港近くの田尻日曜朝市なるものが開催されていると聞き、行ってきました。

外国のお客様は「私たちにとっても貴重な体験になりました」と話していたので、実際はどんな感じでしょうか
 
普段ならゆっくりしたい日曜ですが、早起きは三文の得!

今日は魅惑の田尻日曜朝市をご紹介します!
田尻日曜朝市って?
画像1
画像2
田尻漁港があるのは、大阪府の泉南郡田尻町りんくうポート北。
 
西日本最大のりんくうプレミアムアウトレットから南に1キロくらい行ったところです。
 
田尻日曜朝市は名前通りに田尻漁港で毎週の日曜日開催されています。
 
朝市は駐車場代無料なので滞在時間を気にしなくて大丈夫です。
 
田尻日曜朝市、何時に行けばいい?
画像1
朝市がやっているのは朝7時~お昼ごろまで。

和歌山市から少し遠方なので、行った日は8時頃到着でしたが、とても賑わっています。

この市場には40弱ほどの店舗が並んでおり、新鮮な鮮魚を中心に野菜や天ぷらなども販売されています。
 
人気のお店は早々に品切れで10時頃から店じまいしだすので、早めに行った方がいいと思っています。
画像1
「たこ焼きじょお」は予約制で順番待ち!
画像1
画像2
さらにびっくりするのは鮮魚のお値段!!
 
あなご 1匹300円
大きなさわら 1匹1000円
謎の魚「がっちょ」 1盛り300円
 
などなど、とっても安い!!

写真2枚目の赤カレ一箱は結局900円で購入しました。

この日、クーラーボックスを持参する人も結構何人見ました。やはり人気!
画像1
田尻漁港で漁業体験・牡蠣食べ放題も!
 
田尻漁港では、小学生以上が参加できる漁業体験もあります(要予約)。
 
クルージングやバーベキュー付のプランもあるようですよ〜
住所 〒598-0093 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北1番
営業時間 日曜日 7:00~12:00 雨天開催(荒天の場合HPをチェック)
アクセス 南海本線「吉見ノ里」駅より、徒歩 約10分
泉佐野ICより約10分、泉佐野南ICより約8分
駐車場 無料駐車場完備
田尻朝市の規模は大きくないですが、朝市は見どころいっぱい!!

漁港の賑やかな雰囲気は、日常とは少し違う空気です。

大きな水槽に、元気よくいろんな魚介類が泳いでおり、観ているだけでも楽しいです。

また、美味しそうな匂いも漂います。

子供さんを連れて、日曜日や夏休みにでも行ってみてください。
 

田尻漁港日曜朝市のホームページ

画像1
画像2
画像3
この日は帰りにりんくうマーブルビーチにも寄りました。

[りんくう公園]の一部となる[りんくうマーブルビーチ]は人工的に作られた海浜で、長さ4キロもあります。

ロングビーチの前には大阪湾が広がりを魅せ、その先にある関西国際空港より飛び立つ飛行機の姿や、
長く延びる関西国際空港連絡橋が眺められ、遠くには淡路島まで望める絶好のロケーションとなります。

このビーチですが、基本的にはバーベキュー場所として利用されることが多くハイシーズンを迎えるとたくさんの方で賑わいます。

また日本の夕陽100選にも選ばれて、かなり優れた夕陽を望むことができて、日没前になると、たくさんの人集まってきます。





 
画像1
向こうに見えるのが、関西空港です。

りんくうマーブルビーチはアクセスの面で比較的に訪れやすいスポットなり、是非一度お楽しみ下さい。

りんくうマーブルビーチ

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP