ブログ

2017.12.23

真夜中のハウスの灯り、中には何が?

1,424 view

スタッフ名:菅原

   ここ渥美半島では、どんなに夜遅くとも常に灯りのついた建物があります。
それは「ビニールハウス」です。ビニールハウス自体はなんら珍しくはないと思いますが、常に明かりが灯っているとなると、中では一体どんな植物が育てられているのでしょうか。
画像1
  中で育てられていたのは「電照菊」。キレイな葉色で元気いっぱいな様子が伺えますね!
なんでも電照菊は光が当たっていないときに蕾を付けるので、常に光りを当てて出荷時期に合わせて成長を調節しているのだとか!
 ちなみに地元渥美半島は、電照菊の生産量が日本一!
そんな場所ならではの景色が、こちらの画像。
圧巻の輝きは、ここでしか見られない夜景で有名です。
お越しの際は是非この夜景に癒されて、安く菊を買って帰りましょう!
PAGE TOP