ブログ

2019.09.19

休暇村前の牧草地でロールベール作りがおこなわれています

269 view

スタッフ名:阪上

画像1
画像2
5月下旬ころから秋にかけ、年3回程度行われるロールベール作り。
ロールベールとは、牧草などを収穫して乾燥させた後に機械で梱包されたもの。
これに特殊なフィルムで密封したものをロールベールサイレージといい、
長期保存されて牛の飼育材料に使用されます。
草原が大きいだけに、ロールベールが小さく見えますが、
その重さは300~500kgもあり、かなり大きなものです。
ということで作業風景ももちろんダイナミック。
蒜山高原の風物詩の一つです。
PAGE TOP