観光

2020.07.24

湖北の町、木之本

236 view

スタッフ名:西館 前田

皆様、こんにちは。昼は蒸し暑く夜は肌寒い日が続きますがお元気ですか?
本日は、休暇村から車で約九十分、湖北の情緒ただよう木之本を紹介します。
木之本は滋賀県北部に位置し、昔は北国街道沿いの宿場町でした。
かつて牛馬市があり、山内一豊はここで名馬を買ったそうです。古い商家や造り酒屋を生かした店がレトロでなんともおしゃれ。中に入るとそのまま映画の撮影に使えそうな雰囲気です。
注目すべきはつるやパンの店先にいるタヌキ。ちゃんとパン持ってます!
少し歩いた所につるやパンの工場もありました。トラックがたぬきと同じピンク色だったので、イメージカラーがピンクなのでしょうか? でもサラダパンは黄色だし、お店の方のエプロンも黄色でしたが…。
木之本地蔵院に参拝した後は、門の目の前にあるお菓子屋さんで伊吹牛乳のソフトクリームを買って一休み。地蔵院の門から駅までズドンと一本道が通っていて、門前町であることを実感しました。
 
車でお越しになる場合は休暇村から湖岸道路をひたすら北上すると到着します。
琵琶湖を見ながらのドライブは気持ちいいですよ!
電車でも気軽に行ける場所です。JR木之本駅から地蔵院周辺までは、坂道を登りますが
徒歩五分ほどです。
滋賀にお越しの際はぜひお立ち寄りください。
 
なお、コロナの影響により店は不定休、臨時休業など様々です。ご自身で最新の情報を確認の上
お越しください。
画像1
画像2
画像3
画像4
PAGE TOP