観光

2020.03.18

起き上がり小法師約5千体

891 view

スタッフ名:東館:あずま

画像1
画像2
画像3
皆様、こんにちは。
これから桜が見ごろを迎えると、彦根城には多くの観光客が訪れますが
JR彦根駅の東側にある、龍譚寺では、毎年4月1日、2日にだるまに魂を入れる「だるままつり」がおこなわれます。
井伊家の菩提寺・龍潭寺で毎年4月1、2日の両日行なわれるこの行事は、
慈悲と救済を得るように祈願するもので、起き上がり小法師約5千体が並ぶ様子はみごと。
大小3000体のだるまに入魂を行います。
その名を裏切らないずらりと並ぶだるまたち。小さなだるまから巨大だるままで、その数約3、000体・・す、すごい迫力です!
そしてだるまだけじゃないだるままつりの魅力もございます。
龍潭寺の立派な庭園も是非見てください。
「ふだらくの庭」は中心の石を観音さまとし、観音の浄土と私たちを結び心に平安をもたらすようにと願いを込め作られています。
白砂は大海、杉垣は水平線を模しています。よく考えられているな~。
眺めているだけで心が落ち着き何時間でも眺めていられそうです。
休暇村にお越しの際に、足をのばしてみてはいかがでしょうか。

開催期間2020/04/01(水)・2020/04/02(木)
住所彦根市古沢町1104
料金無料
お問い合わせ0749-22-2777(龍潭寺)
PAGE TOP