その他

2017.02.23

高家(たかべ)神社 梅見会

高家(たかべ)神社 梅見会
高家(たかべ)神社 梅見会
2月26日(日)、日本で唯一の料理の神様が祭られている「高家(たかべ)神社」にて「梅見会」が行われます。イベントは、地元の千倉町谷津区の方々と高家神社、高家学ぼう会が主催となって、毎回趣向を凝らし、訪れる人々を楽しませてくれるイベントです。当日は10:00~15:00頃までを予定されています。また、「たかべ庖丁会」による庖丁式が13:00から行われる予定です。今回の式題は「梅見の魚」。さらに新刀主の披露があります。市内和田町で「新都」と言う鰻屋さんを営んでいる方が刀主デビューに臨みます。(見学は無料です)手を使わずに食材を切り分ける庖丁式は、とても見ごたえがとてもあると思いますので、ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。また、料理の神様が祭られていることでも有名な神社ですので料理の上達のお願いしにに行ってみるのもいいかもしれませんね^^【高家(たかべ)神社】千葉県南房総市(旧千倉町)にある神社です。「料理の祖神」を祀る神社として料理関係者や醤油醸造業者などから崇敬されています。【庖丁式(ほうちょうしき)とは】平安時代より伝わる、庖丁師により執り行われる儀式で、烏帽子(えぼし)・直垂(ひたたれ)、あるいは狩衣(かりぎぬ)を身にまとい、大まな板の前に座り、食材に直接手を触れず、右手に庖丁、左手にまな箸を持ち食材を切り分け、並べる儀式のことを庖丁式といいます。なお、その他に・・・■福引大会■ふるさと産品販売■陶器市■各種売店■平群囃子同好会の演奏■ホワイトビーチのステージなどなどの催し物もあります^^※休暇村から車で約30分★高家神社についてはこちら★【担当:鈴木】
PAGE TOP