ブログ

2021.01.05

1月の天体ショー

351 view

スタッフ名:髙木

今年の「しぶんぎ座流星群」観察できましたか?
こんにちわ。
朝も夜も冷え込みが強くて体調を崩しそうですが
免疫力と抵抗力アップの食材「ジャガイモ」を食べて
ビタミンCとビタミンEをたっぷりとってのりきりましょう!
じゃがバタなんて、お手軽でいいですよね~
さて、今年最初の天体ショー「しぶんぎ座」流星群は
観察できましたでしょうか?
私は1時間観察して、8個を観察できました。
冬の空はとても澄んでいて神秘的ですね。
ところで、流星群とは何なのかご存知ですか?

 
流れ星って何?
流れ星そのものは、宇宙空間を漂っているチリや
小さい岩のかけらが、地球の重力に引き寄せられます。
チリや岩のかけらは、超高速で大気圏を通過するのですが
その時の摩擦がプラズマ状態となって、発光現象になります。
これを「流れ星」と呼んでいます。

ちなみに宇宙塵は地表に毎年100トン程度降り注いでいるんです。
 
流星群って何?
画像1
彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、
チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。球が彗星の軌道を横切る日時は
毎年ほぼ決まっているため毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです
彗星ってどこから来るの?
画像1
オールトの雲から来るんです!
太陽系を球殻状に取り巻いている仮想的な天体群です。
私たちの住む太陽系はとてつもなく広大です。
オールトの雲は太陽から約1光年離れています。
1月は太陽系内の惑星の接近が多いです!
1月10日 水星と木星と土星が接近
  1月10日の日の入り後、水星と木星と土星の3惑星が狭い範囲に集まります。

1月12日 月と金星が接近
  1月21日の夜明け前、月と金星が接近します。

1月14日 月が水星と木星と土星に接近
  1月12日に夕方接近しますが肉眼では厳しいかもしれません。

1月21日 月が火星と天王星に接近
  1月21日夜9時頃、月が火星に近づきます。

※天体観測は、望遠鏡でなくても双眼鏡でも楽しめますので是非
 ぜひご用意して冬の星空を眺めてみては如何でしょうか。
 
 
寒い冬におすすめプラン!

『あんこう鍋』と房総食彩ビュッフェ

PAGE TOP