イベント

2018.10.11

日本で唯一料理の神様を祀る神社での庖丁式

121 view

スタッフ名:高橋

日本で唯一、料理の祖神を祀る「高家(たかべ)神社」にて庖丁式が行われます。
庖丁式は、食材として犠牲になった生き物を供養し、霊を鎮める儀式として始まったそうです。
烏帽子、直垂(ひたたれ)をまとい食材に手を一切触れず、庖丁とまな箸のみで式題に添って調理します。
※式典の写真は数年前のものです。

また、10時30分から「サンマの塩焼き」無料配布もあります。
   ※お1人様1本 先着100名様

日 時:10月17日(水)11時20分頃から
式 題:飛龍の鱸(ひりゅうのすずき)
会 場:高家神社 南房総市千倉町南朝夷164

お問合せ先:千倉地域づくり協議会「きずな」
      0470-44-1113
画像1
画像2
PAGE TOP