旅行記

2018.04.05

やわらかに柳あおめる城崎の・・・

1,536 view

スタッフ名:小森

画像1
ハラハラと散って流れる花筏
3月末に開花、わずか数日で満開になった城崎温泉の桜が、散り始めました。
大谿(おおたに)川に浮かんだ無数の花びらが、ゆっくりと流れていきます。
☜は、昨年4月に撮影した画像です。
ここまで、全面ピンクに染まると、風情はないですね~。

石を投げたくなる衝動をグッとこらえました。
画像1
やわらかに 柳あおめる 城崎の・・・
といえば、かの有名な石川啄木が、故郷を思い出して詠んだ、チョッと悲しい・・・・
って、ちが~う! 違います。

「やわらかに 柳あおめる北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに」 ですね。

しかし、「北上」が「城崎」になっても、言葉の流れとしては違和感が無いような気がしなくもない。
という訳で、桜の散り始めた城崎温泉は、川沿いの柳の新緑が美しい季節を迎えています。大谿川にかかる石橋の上に立って、写真を撮っている方が大勢いらっしゃいました。

2週間近く、いいお天気が続いていたのですが、4月4日の午後に雨が降り、柳の葉が生き返ったよう。川面に映る柳のシルエットもいい感じです。
温泉街をブラブラ歩きながら、外湯巡りをするにも良い季節になって来ました。

休暇村のある竹野と城崎は、JRだとお隣の駅。車だと20分程度の場所にございます。
ぜひ、お待ちしております。
 

MORE

PAGE TOP