ブログ

2018.03.17

地元畜産家を訪問!「但馬牛」に会ってきました!

903 view

スタッフ名:西岡

みなさまこんにちは。
暖かくなり、花粉症の方にはつらい時期となりましたね。
私は最近、地元のスーパーや道の駅などで「但馬牛ハンバーグ」や「但馬牛コロッケ」「但馬牛ステーキ」など“但馬牛”と書かれた料理や商品をよく目にします!
そこで「但馬牛って実際のところどんな牛なんだろう?」と思い、実際に但馬牛を育てておられる兵庫県養父市大屋町にある「わはは牧場さん」へいってきました。
まず但馬牛とは、兵庫県但馬地方の黒毛和種の肉用牛で、一定の基準を満たした牛肉を但馬牛と言われるブランド牛になります。みなさまご存知の神戸牛や松阪牛は元をたどれば但馬牛になります。

わはは牧場さんは、家畜の飼育は出来るだけ自然の状態を大切にするようにしているそうで、牛については干草だけでなく、一般的には青臭くて好ましくないとされる青草もそのまま食べさせるようにしているそうです。
子どもをたくさん産んだ牛は価値が下がってしまうため、乳離れした子牛を出荷するそうです。

休暇村 竹野海岸では夕食コースで「但馬牛会席」を提供中です。
但馬にある畜産家の方々が手塩にかけて育てた“但馬牛”をぜひ、食べにきてください!

但馬牛会席のプランはこちら!

「わはは牧場」さんのHP

PAGE TOP