観光

2017.10.14

今年6月オープン「安野光雅館」

1,550 view

スタッフ名:小森

画像1
兵庫県の宝塚から、年に何回もご利用いただくお客様様からお手紙をいただきまして。

「豊岡市の隣りに、大好きな安野光雅さんの美術館がオープンしたそうです」とのこと。安野さんと言われても、「確か、絵本作家だったような・・・」程度の知識しかない、残念な私ではありますが、せっかくなので休日に行ってきました。
豊岡市の東隣、京都府京丹後市の久美浜町。
京都にある「和久傳」という料亭が、10年前にこの場所で森づくりをスタート。その料亭はもともは京丹後にあり・・・・。

というストーリーを経て、今年の6月に、安野光雅館がオープンしたのですが、そのあたりの物語は、和久傳さんのHP等で、ゆっくりとご覧ください。

「和久傳」さんのHP

この黒い建物が美術館。設計は安藤忠雄さん。
折れ曲がった通路の向こうに見えているのは。
画像1
「Wakuden Mori」 という名前の、工房レストラン・ショップ。

美術館のすぐ隣にあるオシャレな空間で、丹後の素材を使った食事やを楽しむ事ができます。この日は、到着したのが14時過ぎだったので、カフェコーナーでコーヒーとお菓子を頂きました。(↓の黄色い器)
ショップでは、安野さんの絵本や書籍・Tシャツや雑貨類を始め、カフェで提供しているお菓子などの食品も購入可能です。この場所を教えてくれたお客様のために、絵葉書を1枚購入。
美術館では、京都の「洛中洛外」をテーマにした展示が。
柔らかな水彩画も素敵だったのですが、絵の脇に添えられている短い文が、とっても良かったです。

私が訪ねた4日後の10月6日に、美術館の入館者が1万人を突破したとのこと。(惜しい!)
宝塚のT様。一足先に行ってきました。素敵な情報をありがとうございます。
PAGE TOP