ブログ

2019.10.10

改めて迫る!! 松葉蟹の魅力

140 view

スタッフ名:西口

かにの本場!但馬ブランド
松葉がにの魅力に迫る!!
言わずと知れた「冬の味覚 松葉がに」
隠岐の島や丹後沖など山陰の恵まれた環境の
主漁場がブランド力を牽引し、但馬は日本で
屈指の水揚げ量を誇ります。。
11/6に解禁される「松葉がに」
水揚げされた松葉がには、漁船内の
生け簀で管理され、品質を保ちます。
昨年の水揚げ量は349トン。数で表すと
約かに75万匹分!
選別し仕分けされた後、
活けがには、画像にあるように
生け簀に活きたまま、競りにかけられます。
甲羅の硬さや身の入りなどでランク分けされ、
柴山漁港ではチェックポイントが100以上にも
及びます。
漁船の大きさとは・・・
年間で約300トンのかにを水揚げする漁船。
その大きさとは…

最も大きな大型漁船で約126トン/約980馬力
この大きさとは軽自動車で表すと“約20台分”に匹敵…

軽自動車20台分の大きさとパワーが
冬の荒波の日本海に出て、漁をする…

漁師さんの偉大さと有難みを感じます。
PAGE TOP