ブログ

2019.09.22

「香住ガニ」と「松葉ガニ」の違い、知ってますか??

528 view

スタッフ名:森下

お客様より、
「香住ガニと松葉ガニの違いってなに?」と質問されることがあります。
皆さんはご存知でしょうか??

実は、カニは同じカニでも
香住ガニは「紅ズワイガニ」、
松葉ガニは「ズワイガニ」と種類が全く違います。

 
こっちが香住ガニ
そして、こっちが松葉ガニ
香住ガニがこっちで
松葉ガニがこっち
上から見た香住ガニ
上から見た松葉ガニ
紅ズワイガニは、近畿では香住漁港でしか水揚げされないので
「香住ガニ」と呼ばれています。
本ズワイガニは、2000年前半から水揚げ漁港のタグが付き始めたことで、
地域名称を冠にしたブランドガニの呼称が流行りました。
津居山ガニ、柴山ガニ、浜坂ガニ、などがそうです。

漁の方法や、住んでいる場所も違い
紅ズワイガニは水深約500m~2500mの深海に生息しており、
かにカゴの付いた漁具を約2日程海底に沈め、
 カニが入るのを待って引き上げる〝かにカゴ漁″が漁法です。

松葉ガニは水深約200mから400m辺りに生息しており、
海底に網を入れて船で曳き、入った魚やカニを引き揚げる
底引き網漁法です。

香住ガニは、みずみずしく上品な甘みが特徴で
松葉ガニは、ギュッと詰まった身と、濃厚な味わいが特徴です。


休暇村竹野海岸では
秋は「香住ガニ」、冬は「松葉ガニ」の会席を
ご用意しております♪
ぜひ、それぞれのカニを食べ比べてみてください!!

※「香住ガニ」料理の詳細はこちら

※「松葉ガニ」料理の詳細はこちら

PAGE TOP