ブログ

2019.04.28

キッズコーナーに新登場

1,008 view

スタッフ名:小森克敬

本日(4/27)キッズコーナーに新登場!

って、これじゃあ、何だか分かりませんよねぇ。
じゃあ・・・・・
これでどうですか?
角度を変えてみました。
画像1
正解は、但馬(たじま)の間伐材を使った月見 ・・・・・じゃない「積み木」です。

4月20日に竹野漁港で開催された海町マーケットに、
山のプロ集団「ネクストグリーン」さんが、素敵な積み木を持参。
多種多様な積み木で、子どもたちが楽しそうに遊んでいるのを見て・・・・・・
画像1
画像2
これ、欲しいです!
と、ネクストグリーンさんにおねだり。
「お忙しいと思うので、夏休み前まででどうですか・・・・」などと、遠慮気味に呟いてみたのですが、
わずか1週間後には『出来ました!』との連絡が。

「キッズスペースが広くないので、少し小さ目の方がいいんですけど」
こっそり付け足したリクエストにもしっかり対応して頂きました。
いやー、プロって凄いですねぇ。

 
もちろん、木をカットしただけではありません。
面や角をしっかり削り磨いてあるので、お子様の柔肌にも安心です。

様々な種類の木が使われているので、色や模様手触りの違いなどもお楽しみ頂けます。まじまじと見ると、木肌ってこんなに違うんだ。

左はエゴノキ、右はケヤキ・・・・。だったっけ? 山桜だったかも。あれっ。
高さが揃えてあるので、
高層建築にも対応しています。


バルセロナのサグラダ・ファミリア風とか

(ピサの斜塔の間違いでは!?)

パリのノートルダム大聖堂的な建物も (どこがだ!)
海のイメージが強い竹野ですが、森を忘れてはいけません。
キレイな海を守るためには、手入れをされた健康な山が必要なんです。

『森は海の恋人』
宮城県気仙沼市の漁師、畠山重篤さんは30年前から、そう提唱していました。
「ネクストグリーン」さんは、但馬地域の森を守る活動をしている団体ですが、それが回り回って美しい竹野の海に繋がっている。この積み木も、そのサイクルに組み込まれていると嬉しいです。

 

「ネクストグリーン但馬」さんのFB

ち・な・み・に

キッズコーナーの一番人気「ちょっとビッグなオセロ」で使っている丸い木の駒も、ネクストグリーンさん作であります。
PAGE TOP