ブログ

2024.06.11

園地を羽ばたく黒い影

113 view

スタッフ名:瀬尾

皆さんこんにちは、レストランの瀬尾です。


休暇村帝釈峡本館では、毎日ツバメが飛んでいる姿を目撃します。

そのツバメに紛れて本館周辺を羽ばたく別の黒い影がいます。

ツバメと違い、目撃するのは3日に1回程度です。
ただでさえ、常に羽ばたいて中々止まることがないのに人に慣れていないため、撮影しようと近づくとすぐに逃げてしまいます。

しかし、なんとか止まっている瞬間を撮影することができました。

その黒い影がこちらです。



 
画像1
羽のほとんどを黒と白が占めているチョウです。

後ろの翅(はね)に大きな黄白色の斑紋と、分かりにくいですが並ぶように赤い斑紋があります。

おそらく、この特徴が名前の由来となっており、モンキアゲハ(紋黄揚羽)という名がつけられています。


モンキアゲハはアジアの暖かい地方に生息しており、日本では関東地方から沖縄まで分布しています。
アゲハチョウ科で、日本最大級の大きさです。
ミカン科の植物の葉が好物なので、幼虫はミカン農家の方々にとって害虫になります。
成虫になりたての頃は、後翅の大きな斑紋は白色ですが、月日が経つにつれて黄色味が増し、名前通りの黄白色い斑紋になります。


休暇村帝釈峡では、主に本館駐車場付近で羽ばたいている姿を目撃しますので、晴れた日にお散歩がてら探してみてください。

基本羽ばたき続けていますので、じっとしている瞬間がありましたら貴重な瞬間なので、是非お持ちのカメラかスマートフォンで撮影してみてください。
立派なサイズなので、撮影のし甲斐があります。

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP