ブログ

2020.09.28

秋の道すがら

966 view

スタッフ名:榎本

色が鮮やかすぎて浮かんで見えるコスモス
東城の町まで歩くのに、一切汗ばむことなく到着できるくらいに涼しくなってきました。
道端にはイガ栗が落ち、イノシシかサルか、動物が食べた跡も残っています。
 
中身が食べられているイガ栗
雨が数度降ったこともあり、キノコもちらほら生えていました。
見かけるたびに写真に収めていますが、後から見返すとけっこうな猛毒菌だったりします。
きのこについては「縦に裂けるきのこは~~~」「虫/動物が食べているきのこは~~~」「色が地味なきのこは~~~」等々見分け方に関する迷信・ガセネタがありますが、基本的には食べられるきのこすらもたまたま毒性が現れないだけ、くらいに思ったほうがよさそうです。茄子と似ても毒は消えないです。(椎茸・なめこ・松茸にも中毒例がある)
​見た目には食毒関係なくきれいだったり可愛かったりするので、遠目に楽しみましょう。
歩きすがらに見つけた毒キノコ。傘少し下くらいの軸に残るひだが警戒心を煽る。ドクツルタケかシロタマゴタケ?

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP