MENU

グルメ

2019.12.12

1,316 view

蒜山高原の古民家で楽しむふわふわパンケーキ

スタッフ:ユン

画像1

画像2

画像3

蒜山の新しいグルメを探し巡っているスタッフのユンです。^^
今回は蒜山高原の茅部地区にある古民家カフェ、「KAYABE堂」に行きました。

「KAYABE堂」は2017年7月に古民家を改装してオープンして、「フォカッチャ」や
季節ごとに変わる「パンケーキ」で有名なお店です。

茅部の民家の間に位置しており、正確な場所をわからないとよく見つけない隠れ家的なお店ですが、一度訪ねた方はまた訪れることになるそうです。

入口から落ち着いた雰囲気で、お店の中はほっかほっかと暖い空気に包まれていました。
店の隅には蒜山高原内のハンドメード商品や染め物も販売しています。
また、テーブル席以外にも座敷でゆったりできる個室兼キッズコーナーもあり
家族で訪れても楽しめそうです。
 

画像1

画像2

画像3

小雨の中、冷えきった身体を温めようと温かいモカコーヒーを注文。さらにクロムッシュ、パンケーキを頼んで先月からの新メニュー「ホットドック」も注文しました。

一番驚いたものはクロムッシュやホットドックなどの軽食は調理する手間に比べてお手軽な価格だったことです。
(ランチで食べられる量で300円程度、パンケーキは1000円)
地元の方に気楽に利用していただくよう配慮したのではないでしょうか!?

ふわふわのスフレ風パンケーキは、口の中でとろける程に絶品でした。
繁忙期には道路まで行列が出来るとの事で、まさに納得の味でした。

今年の営業は12月15日まで。また、金~月の営業であるため残念ながら今週が最後です。
ただ、12月15日(土)には特別イベント「もちつき」を午前10時から始めますので
ぜひ休暇村にご宿泊の際には、KAYABE堂にお立ち寄りいただきパンケーキを楽しんでみてはいかが!?

「KAYABE堂」のホームページは次のとおりです。