ブログ

2021.01.24

手作り作家さん応援!第2弾~Jamais vu cuir ~

218 view

スタッフ名:岩上

2020年4月から、当館の売店には、
恵庭ものづくりフェスにも出店している5つの
道内のものづくり作家さんやショップさんによる手作り雑貨が並んでいます。

【Jamais vu cuir(ジャメヴェクイール) 佐藤 利彰 様】
 
Jamais Vuとはフランス語で
「見慣れたはずの革製品が新しく見える」という意味です。
見慣れた革製品が新しく見えるよう
カラフルでデザイン性と使いやすさを兼ね備えた製品づくりを目指しています。
 また、手縫いでしか縫えない縫い方を追求し、
すべての製品を機械を使わずに手縫いで仕上げております。

「Jamais vu cuir」様の詳細はこちら

靴ベラキーホルダー
ボールペン
Jamais vu cuirが扱っているエゾ鹿革
北海道の大自然を生き抜いた傷がそのまま表皮に残っています
機械構造の違いにより、牛よりも吟面がはがれやすいですが、
特殊の「味」として愛されてています。
通気性がよく、特別な手入れをしなくても柔らかさを保つのが最大の魅力です。
 
使っていくうちに、味が出てくるので自分だけの味がきっと出てきますよ。
休暇村支笏湖にお越しの際はぜひ手に取ってみてください♪
北海道の牛革を使用「折り革体験」
当館では、北海道の牛革を使用した「折り革体験」も出来ます。

実際に革製品に使用している北海道産の本物の牛革を使って、
あなただけの折り鶴クラフトを作ってみませんか?
参加費1,500円で、実際に折り紙の要領で鶴を作る簡単ながらも滅多に出来ない体験になっています。
フロントにて用意してお待ちしておりますので、
興味のあるお客様は是非お声掛けくださいね♪
PAGE TOP