ブログ

2021.01.19

山線鉄橋

297 view

スタッフ名:早川

画像1
画像2
画像3
みなさまこんにちは。
本日は湖畔の千歳川にかかる小さな鉄橋「山線鉄橋」をご紹介します。
 

明治32年、北海道官設鉄道上川線の空知川に架けられていたものが、
大正12年に王子製紙の専用軽便鉄道として現在の場所に移された橋です。
 

※軽便鉄道・・・一般的な鉄道よりも規格が簡便で、安価に建設された鉄道。
 

山線という名は苫小牧から日高方面海沿いに走っていた鉄道を「海線」、
支笏湖方面に走っていた鉄道を「山線」と呼んでいたことに由来します。
また、北海道で最古の鉄橋に認定されてます。
 

最初に見たときは、赤い橋も相まってとても綺麗な橋で、まるで外国にいるみたいに感じました。
 

残念ながら現在工事中につき、橋を渡ることは出来ませんが、雪化粧した恵庭岳をバックに、鉄橋を見ることが出来ます。
 

休暇村支笏湖にお越しの際は、ぜひ山線鉄橋をご覧下さい!
PAGE TOP