ブログ

2019.07.10

コウライテンナンショウ

179 view

スタッフ名:高倉

先日当館周辺を散策していると、コウライテンナンショウを発見しました。
 
茎の先についている筒状の仏炎苞が特徴的で、北海道内に分布している植物です。
 「南天星(なんてんしょう)」とは中国で夜空に広がる星という意味だそうで、葉の広がる様子を例えられたとも言われています。
 
7月に入り日中は汗ばむほどの気温になってきましたのでいらっしゃった際には是非ご覧になってみて下さいね。
画像1
PAGE TOP