ブログ

2019.06.08

ナナカマドの実

177 view

スタッフ名:石崎

 
支笏湖バス停近くに、ナナカマドを見つけました。
5月下旬には白い花をつけていたナナカマドの木ですが、この日に見つけた時はちょうど花が散って、実になる直前になっていました。

ナナカマドは白い花を咲かせ、その後に真っ赤な実をつけます。
まだ色付く途中のナナカマドの実が真っ赤に変化していく楽しみもあります。

そして、ナナカマドという名前の由来ですが、「木材が燃えにくく、7度かまどに入れても燃えない」という特性から付いたと言われています。
その由来から花言葉も「慎重・安全・賢明」などの安全に関する花言葉がついています。


支笏湖バス停近くへ行かれた際は是非花や実の色の変化にも注目してみてはいかがでしょうか。
 
PAGE TOP