ブログ

2018.02.28

夜空の柄杓、掬うのは・・・

1,099 view

スタッフ名:中山

2月も最終日、最近は休暇村の周辺の自然にも春の気配を感じるようになりました。
そんな春を感じさせる自然を今回はご紹介します!

先日、夜空を見上げると真上付近に北斗七星がありました。
その形から柄杓(ひしゃく)にも例えられる北斗七星、日本で1年中観察できる星座ではあるのですが、秋から冬にかけては高度が低くなるため地平線近くまで見えないと観察しづらいんです。
そんな北斗七星がほぼ真上に見えるということは・・・そう!星空にはもう春が来てるんです!

そしてもう一つ、日本に春の訪れを告げる花、梅も開花しています!木にもよりますが6分咲き程です。
今回は、そんな春の星と花を撮ってみましたがいかがでしょうか?
個人的には、梅の花の海を柄杓が掬(すく)っているように見えればいいなぁと・・・
見えなくても雰囲気だけでもお分かりいただければ幸いです笑
画像1
PAGE TOP