ブログ

2018.04.20

春、ぐんぐん伸びます

1,077 view

スタッフ名:中山

昼夜問わず暖かくなってきて、そろそろ初夏を感じそうな日が多いですね~
そんな春の日に自然観察路を散歩していて、春の風物詩“タケノコ”を見つけました!
旬の食べ物という観点は置いておいて、実は竹という植物はとても独特で面白いので今回ご紹介します!

竹の大きな特徴として、成長がとても早いという点が挙げられます。
具体的には、タケノコが地上に現れてから2ヶ月経てば20m程に完全に成長してしまいます。
成長のピーク時には1日で1m以上も伸びることもあるので驚きです・・・

また、竹は地下茎を持つ植物で、地中に張り巡らされている地下茎から、タケノコとして地上に現れて私達が普段目にしている竹になります。
つまり竹林には、たくさんの竹が生えているように見えますが、実は全て地下茎で繋がっており、同じ個体の地上部なんです!
最早、地下茎が本体と言ってもいいですねこれは・・・

タケノコを見かけたら、掘って食べるのも結構ですが、日々観察するのも変化が分かりやすくて面白いですよ♪
PAGE TOP