その他

2017.03.20

見た目は地味でも栄養豊富!近江八幡名物・丁字麩!

見た目は地味でも栄養豊富!近江八幡名物・丁字麩!
だいぶ暖かくなってきましたね。休暇村近江八幡周辺でもやっと梅の花がほころび始めました。3連休の最終日、皆様いかがお過ごしですか?今日は近江八幡名物の丁字麩をご紹介したいと思います!普通お麩は丸いものですが、丁字麩が近江八幡名物たる所以はその四角い形にあります。一説によりますとこの四角い麩になったのは、かの豊臣秀次が八幡城の天守閣から大変整った城下町を見て「麩は丸いから持ち運ぶのにかさばる。この町並みのように四角にしてみなさい」と命じたのが始まりだとか。丁字麩という名前も条里制の「~丁」「~字」に因んで名づけられたというわけですね。そしてこの丁字麩の表面にある細い線は城下町の小路を表しているんだそうです。そんな歴史ある特産品・丁字麩は戦国時代にも重宝されたとあって栄養満点。植物性たんぱく質が大変豊富です。王道な調理法としてはすき焼きの具や辛子和えですが、調べているうちに変り種も発見しました。お餅の代わりに丁字麩で作るお汁粉、そしてなんと丁字麩で作るフレンチトースト!フレンチトーストはかなり冒険度が高めですが、お汁粉は中々良さそうですね。お餅よりも喉に詰まらせにくいので、小さいお子様やお年を召した方にも楽しんでいただけるのではないでしょうか。最近では丁字麩をお菓子にした丁字麩ラスクや丁字麩パフ、丁字麩最中も販売されています。王道を行くも良し、自分なりのアレンジレシピを作るも良し、近江八幡にお越しの際には是非とも購入されてみてはいかがでしょうか?丁字麩、丁字麩ラスクは休暇村近江八幡の売店でも販売されています。来村の際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。休暇村近江八幡売店営業時間 7:30~21:00東館フロント 原田
PAGE TOP