角館武家屋敷 青柳家

角館武家屋敷 青柳家
角館武家屋敷 青柳家

江戸時代の佐竹藩家臣の屋敷が今も残る観光地。その屋敷の一つ、青柳家はもともと芦名(あしな)氏の家臣団の優力な武将でしたが、芦名氏が絶えた後は佐竹北家(さたけきたけ)に仕えました。
屋敷は広く敷地の入口に薬医門、道沿いには武者窓とよばれるのぞき窓のついた造りになっています。
(他にも石黒家や岩橋家など、秋田県指定文化財の家屋が多く残ります。)

アクセス 休暇村から車で約50分
イベント 敷地内の展示館は、代々伝えられた武具や美術品などの公開施設になっています。
住所 〒014-0331
秋田県角館町表町下丁3

このスポットの記事一覧を見る

PAGE TOP