ブログ

2023.04.28

初夏の景色~秋扇湖の水没林

3,060 view

スタッフ名:高橋(文)

青い水面に浮かぶ新緑♪

画像1
秋扇湖(秋扇湖)の水没林。例年5月から6月中旬ごろにかけて楽しむことができます。
仙北市田沢湖地区の玉川ダム下流にある鎧畑ダムのダム湖秋扇湖(しゅうせんこ)。休暇村乳頭温泉郷から約25㎞、車で40分弱の位置にあります。国道341号線に沿って広がる秋扇湖の水没林は田沢湖地域の初夏の景色の一つです。
秋扇湖の水没林は、通常は湖畔に立つ木々が、雪解けに湖水の水位上昇に伴いみられます。
田植えシーズンに向け放水が始まると湖水の水位が下がり水没状態ではなくなり湿原のような景色に変わります。

 
画像1
画像2
画像3
画像4
こちらの4枚の写真は、4月24日の秋扇湖の水没林です。この日は曇天の中時々日が差す天気で、陽の射し方で水の色も印象も変化していきました。新緑の瑞々しさが素敵でした。
秋扇湖の水没林は玉川ダム手前の新玉川大橋から見られます。
国道341号線は車が行きかう為、路上駐車はおすすめしません。
新玉川大橋の端にある高森トンネルを抜けると、駐車スペースがあります。300m程歩きますが安全第一で景色を楽しみましょう。

田沢湖水系独特の青い水面に新緑が浮かぶ姿は、神秘的な景色。
自然を楽しむリゾート、休暇村。秋扇湖の水没林景色を楽しむ際は、休暇村乳頭温泉郷にお泊りください。

秋扇湖についてはこちら♪

休暇村乳頭温泉郷の宿泊についてはこちら♪

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP