お知らせ

2020.06.18

【湯めぐり号】
7/1より運行いたします!

1,619 view

スタッフ名:川崎

湯めぐり号?

乳頭山の麓、ブナの森に抱かれるように点在する7つの湯宿(※1)
そんな個性ある各温泉宿を循環しているバスです。
公共交通機関でお越しのお客様もより気軽に温泉をご堪能いただける、とても便利なバスなのです。
この湯めぐり号に乗車するには【湯めぐり帖】あるいは【湯めぐりマップ】の購入が必要ですので、
あわせてご案内いたします。

※1 鶴の湯、休暇村乳頭温泉郷、黒湯温泉、妙乃湯、大釜温泉、蟹場温泉、孫六温泉


 

湯めぐり号の時刻表はこちら

湯めぐり帖とは?

乳頭温泉郷7つの宿のいずれかにご宿泊のお客様へ販売している「湯めぐり帖」
1年間の有効期限がございます。
乳頭温泉郷に来たという形に残る思い出の品としても良いのではないでしょうか。

乳頭温泉郷内の宿(鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村)の入浴料が各宿1回分含まれたもので、1,800円で購入いただけます。
更に、温泉郷内を循環しているバス「湯めぐり号」にもご乗車可能です。
※宿泊先は販売時にスタンプを押印しますので「使用済み」となります。
※乳頭温泉郷内のいずれかの宿に宿泊されている方のみ購入が可能です


「湯めぐり帖」について、よくご質問いただく内容をまとめてみました。

①チェックイン前に購入することはできますか?
→大丈夫です(^o^)フロントは朝7時からおりますので、ご宿泊の旨をお伝えください。

②休暇村に宿泊するけど、他の宿で湯めぐり帖の購入はできますか?
→こちらも大丈夫です(^o^)休暇村にご宿泊の旨をお伝えください。

③どれくらいお得なの?
→乳頭温泉郷内の各宿の入浴料は場所によって異なりますが、平均約600円。なので、他の温泉を3ヶ所以上行かれる方、または湯めぐり号を利用される方はバスの乗車代が通常600円になりますので、バス利用+温泉2ヶ所で元が取れる仕組みになっています。

④他の温泉は1ヶ所しか行かないけど、湯めぐり号も利用したい!
→湯めぐりマップ(600円)の購入がおすすめです。
購入日のみ、温泉郷内を巡る循環バス「湯めぐり号」に何度でもご乗車いただくことができます。
※入浴料はそれぞれの宿でお支払いください。

湯めぐりに関する詳細はこちらから

休暇村乳頭温泉郷ではこんな取り組みも♪
休暇村乳頭温泉郷では、15時のチェックイン前の荷物預かりを承っております。
特に公共交通機関でお越しの方は、全ての荷物を持って移動するので、観光する時は身軽に
したいと思います。そんな時はフロントにてお申し付けくださいませ。
また、湯めぐりをされる方には湯めぐり用のタオルの貸出も無料で行っております♪

少しでも身軽に、乳頭温泉郷の個性溢れる秘湯をお楽しみください。
PAGE TOP