ブログ

2020.06.13

「休暇村」から「鶴の湯温泉」の歩き方

517 view

スタッフ名:須藤

滞在中の楽しみ方のひとつ、乳頭温泉郷の7つの宿を巡る「湯めぐり」。
現在、宿を循環するバス「湯めぐり号」は運行しておらず、湯めぐりをされるお客様には大変ご迷惑をお掛けいたします。

今回は乳頭温泉郷内で最も古くに発見されたお湯「鶴の湯温泉」へ徒歩で行くことができる、約3.2km(約60分)の鶴の湯旧道ルートをご紹介いたします。散策の際はご参考ください。
休暇村から乳頭キャンプ場を経由して鶴の湯温泉旧道口まで
画像1
画像2
画像3
休暇村旧スキー場の右脇から乳頭キャンプ場に続く散策路に入っていきます。

直線に約30分進むとキャンプ場が見えてきます。キャンプ場を抜けて、一度「鶴の湯温泉旧道口」のバス停がある車道へ出ることができます。

ここ一帯はほとんどがブナの木で、静かですらっとしたブナ林をお楽しみいただけます。
私が6月上旬に歩いていると、鮮やかなタニウツギが咲いていました。
 
鶴の湯温泉旧道口から鶴の湯峡まで
画像1
画像2
画像3
画像4
鶴の湯温泉旧道口から鶴の湯峡を経由して「鶴の湯温泉」を目指します。

ここから森の姿がガラッと変わり、杉をはじめ様々な樹木が植生しています。
また鶴の湯峡までは4枚目の写真の通り、下り坂で道幅が1メートル弱と狭くなっている箇所がございます。
雨が降った日には落ち葉で大変滑りやすくなっておりますので注意が必要です。
トレッキングシューズをお持ちの方は、そちらを着用の上での散策をお勧めいたします。
 
鶴の湯峡から「鶴の湯温泉」まで
画像1
画像2
画像3
画像4
鶴の湯峡は小さな木道があり、その下をきれいな川が流れる道中の絶景スポット。
ここで疲れた体を癒してパワーをチャージしましょう♪

このあと少し登りがありますが、ここを乗り越えればゴールまであと少しです。
約15分ほどで「鶴の湯温泉」へ到着です。お疲れ様でした!

※散策の際は熊鈴をお忘れなく!
鶴の湯温泉 入浴時間 10:00~15:00
定休日 月曜日露天風呂休み(祝日の場合変更あり)
入浴料金 大人600円
PAGE TOP