グルメ

2019.07.16

角館で食べられるご当地ソフトクリーム

1,295 view

スタッフ名:繁田

秋田のご当地ソフトは○○○○○○が乗っている!?

国内旅行をする時の旅の楽しみはそれぞれあります。
温泉、グルメ、私は郵便局で購入する「ご当地フォルムカード」を集めるのも大好きです。

そしてもう1つ気になるのが、その土地ならではのご当地ソフトを食べること。
ただ、秋田県に来てから、なかなかご当地ソフトに出会えていなかったのです。
それが、最近思わぬところで出会いが・・・
画像1

さて、お分かりでしょうか?ソフトクリームの上に乗っかっている刻まれたお漬物。これは、秋田を代表する「いぶりがっこ」!そして、それに添えられているのが、「チーズクッキー」。最近は某クラッカーのCMで、「いぶりがっこ+クリームチーズ」の食べ方がお馴染みになり、休暇村のビュッフェでもお楽しみいただくことができます。
こちらが食べられるのは、角館の武家屋敷にある「青柳家」。
青柳家は、四季折々の草花あふれる3000坪の敷地内に、母屋、武器庫、解体新書記念館、秋田郷土館、武家道具館、ハイカラ館(アンティークギャラリー喫茶)、幕末写真館、時代体験庵などがあり、貴重な品々約3万点が公開されています。
草花を一望できる一角にカフェがあり、縁側から広大な敷地を見渡しながら、本日ご紹介したご当地ソフトが楽しめます。
ちなみに、名前は「いぶりがっこソフトクリーム」ではなく、「青柳ソフトクリーム」として販売されているので、私はいぶりがっこが乗っているとは知らずに注文しました。

是非、お試しください。 
 
敷地内には様々な種類の草花が楽しめ、植物の名前がわかるようにネームプレートもあります。
有名なアキタブキ。
傘に出来そうなくらい大きな葉が特徴です。
「青柳家」入館料 大人(個人)500円(団体20名様以上)450円

青柳家のHPはこちら

PAGE TOP