グルメ

2017.05.29

能登は海藻の宝石箱!

1,695 view

風薫る季節 皆様いかがお過ごしでしょうか?

能登半島は、海に囲まれた半島です。
6月にはイカ漁も解禁となり、アジやヒラメもだんだん大きくなり美味しくなる季節です。
魚以外にもこれから岩もずくやワカメ、てんぐさなど色々な海藻も採れるんですよ。
世界には約9,000種類の海藻があり、そのうち日本にはおよそ1,500種類、石川県には200種類以上が分布していると言われております。
このうち約30種類は能都地区で食されており、「ワカメや海苔以外の色々な海藻を食べる地区」で上位のランキングに入るくらいです。
 
海藻も外浦、内浦で採れる種類も違い、その中でも内浦でしか採れない「あかもく」は、とろとろシャキシャキで、とても美味しい海藻です。
抗ガン作用があるとされる食物繊維フコイダンを含み、近年は美容や健康食としても注目されています。
当ホテルの売店でも好評販売中でございます。
そんなあかもくをぜひ!食べて見たい!と言うお客様にお知らせです。
のと里山海道にございます「別所岳」のレストランにて「あかもく蕎麦」や「あかもく饂飩」が食べられますよ。
写真は蕎麦です。
ネバ~っと、とろとろシャキシャキな食感をぜひ味わってみて下さい。
また、別所岳には「能登ゆめてらす」と言うスカイデッキもあり七尾湾を一望できる展望台がございます。
お天気が良ければ立山連峰も、とても綺麗に見ることが出来ますよ。
ぜひ、能登へお越しの際には、お立ち寄り下さいませ。

                                                   フロント 吉岡

MORE

PAGE TOP