ブログ

2018.12.05

メジャーなインスタ栄えスポットをご紹介!!

374 view

スタッフ名:中條

皆様、おはようございます(、こんにちは、こんばんは)。
寒い日や比較的暖かい日があったりと、温度調整が難しいこのごろですが、お変わりなければ幸いです。

さて、本日はこちら ””が大事ですので2回言わせていただきました。・・・と申しますのも、私恥ずかしながら最近まで「インスタ(グラム)」という言葉を知らない人間でした。ネット上で話題を知り、覗いてみると「あらっ、びっくり」普段知っている場所でも構図やその撮り方を変えるだけでここまで雰囲気が変わるのかと新たな発見をさせて頂きました。そして、もっと素敵な地元の写真を見たいと思い立ち、本日はこちらの話題で行きます。

メジャーなインスタ映えスポットをご紹介します。

あくまで”メジャー”なスポットでございます。
おそらく皆様が知っている?石川県のインスタ映えスポット3選
①JRの玄関・金沢駅 「鼓門」と「おもてなしドーム」

今回は金沢駅兼六園口「鼓門」をご紹介します。
鼓門は金沢駅兼六園口を出たところの東広場にずっしりと構えています。
鼓門のデザインは石川県の伝統芸能に使われる鼓をイメージしており、その芸術性と美しさは思わず見惚れてしまうほどです。
螺旋状に斜めに組み上げられた柱と緩い曲線を描く格子状の屋根は、風格と繊細さを兼ね備え、その美しさはなんと国内だけでなく海外でも評価を頂いております。
2011年にはアメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版にて、世界で最も美しい駅14選の6位に選出されたほどです。
夜は幻想的なライトアップで照らされるなど、昼とは違った趣を楽しむのも乙なものです。お土産所も充実しており、ぜひ一度廻ってみてはいかがでしょうか。
② ひがし茶屋街

「ひがし茶屋街」は、趣ある町並みが広がり、まるでタイムスリップしたかのような、古都の雰囲気を楽しむことができます。 その名の通り、歴史を感じる古風なお茶屋がたくさんあり、ゆったりと抹茶や生菓子を頂けます。 金沢の名産品「金箔」を扱うお店も多くあり、歩いているとあっという間に時間が過ぎてしまう、散策に丁度良い場所です。ひがし茶屋街は文政三年(1820)に加賀藩がこの近辺に点在していたお茶屋をここに集めて町割りしたもので、格子戸と大戸、それに二階の造りが高い町並みは、藩政時代の面影を今も残しています。ここでの遊びといっても、琴、三弦、舞、謡曲、茶の湯から、和歌、俳諧に及ぶものであり、巾広く高い技能と教養が要求され「芸どころ金沢」の礎となっているそうです。 現在ひがし茶屋街は、国の重要伝統的建造物群保存地区となっています。金沢に訪れた際は、「ひがし茶屋街」を散策してみてはいかがでしょうか。
③ 兼六園 ・ 金沢城

写真をいくつとっても、撮り足りないのが兼六園、そしてその横に建つ金沢城跡地。
四季により様々な変化があり、春は桜、夏は新緑と涼を求めて池など、秋は言わずとも紅葉・・・
そしてこれからは唐松崎の雪吊と同じ場所・時間でおとずれとも、景色ががらりと変わり
見所一杯の場所でございます。 
写真が苦手な私も思わずシャッターを押したくなりました。

夜はライトアップなどもしており、日中とは違った美しさがあります。

 
画像1
ぜひ、カメラ片手に金沢の街中を散策されてみてはいかがでしょうか?

その際は、休暇村能登千里浜にもお越しいただければ幸いです。
 
PAGE TOP