ブログ

2018.04.13

岡田の野鳥日記Vol.19

1,087 view

スタッフ名:岡田

5月からは鳥の最盛期です!

ここ奥日光も5月に入ると新緑の木々が増え、
鳥たちも平地での越冬を終えて、山の上で繁殖を始める時期になってきます!
休暇村周辺でも、ゴジュウカラやアカゲラ等といった鳥たちのさえずりやドラミング(木を突く音)
が聞こえ始め、あたたかい日が少しずつ感じられてきています!!

そこで今回は、初夏頃に平地から上がってくる「ルリビタキ」について
ご紹介いたします。
ルリビタキは、冬には平地で越冬し、初夏頃に山の上で繁殖するいわゆる「漂鳥(ひょうちょう)」
と呼ばれる種類で、ここ湯元温泉周辺では早ければ5月頃には姿を見ることが出来ます。
オスは綺麗な青とオレンジの色をしており、メスは全体が茶色に脇がオレンジ色を
してるのが特徴です!
また、この鳥はしっかりと色づくまでに数年かかり、若いうちはまだ体全体の色が薄いんです!
そのため、しっかりと色づいたオスは鳥好きの方々からの人気が非常に高いんです!

身近に見れる鳥であり、美しい見た目の為、グッズの販売も豊富です!
当館の売店でも、ルリビタキのカラビナを新しく揃えました!
その他鳥グッズを多数用意してありますので、ぜひお越しくださいませ!

※画像の鳥は2枚ともオスです。
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
日帰り入浴 12:00~15:00
昼食ご利用 平日12:00~13:00 休日11:30~13:30
PAGE TOP