ブログ

2017.12.11

岡田の野鳥日記Vol.11

1,440 view

スタッフ名:岡田

今回は湯ノ湖に新しく渡ってきた「ホシハジロ」についてご紹介いたします!
 
ホシハジロは、漢字で「星羽白」と書き、オスは羽の白い部分に黒い縞(しま)模様
があることから、その模様を星と見立て、星がある白い羽でホシハジロと呼ばれるようになりました。
ホシハジロは海よりも湖や池などの淡水を好んで生息しています。日本には冬鳥として
北の国から渡ってきます。以前ご紹介いたしましたキンクロハジロやヒドリガモと同様
よく見られる種類です。
 
ご飯を食べ終えて一段落すると羽づくろい(羽の手入れ)が始まりますが、羽づくろいのポーズがラッコに似ていて、お腹を上にしてくちばしで行います。このポーズ、すごく愛嬌があるんですが、実はあんまり知られていなかったり・・・。
 
普段から良く見られる鳥でも、面白い習性があったりしますので
ぜひ皆様も、身近な鳥を観察してみてはいかがでしょうか!
画像1
PAGE TOP