観光

2019.09.14

オオサンショウウオに会いに行こう!

4,473 view

スタッフ名:岡村

奥日光ー日本両棲類研究所 

日光は、世界でも有数の両生類の生息地です。こちらの研究所は昭和45年に設立された私立研究です。今年の8月16日、25年ぶりに運営が再開されました。

自然保護活動、種の保存、発生学・再生学の研究などを行っています。

館内の展示室には様々な両生類を見学することができます。

47都道府県のアカハライモリコーナーは県ごとに生息するアカハライモリのお腹の柄を展示しています。生息する場所によって、お腹の柄が違うそうです。

わかりやすい展示、解説です。両生類はかわいく見えたり、不思議に見えたり、想像を超える生態に驚きがありました。ぜひ一度見学されてみてはいかがでしょうか。
 
画像1
画像2
画像3
ウ―パールーパー(アホロートル)もいます。日本に最初に移入させたのがこちらの館長の篠崎先生です。今ではペットショップなどでも見かけますね。
こちらはチュウゴクオオサンショウウオです。25年ぶりにこちらに戻ってきました。年齢は約60歳だそうです。とても大きなサンショウウオにびっくりしました。
休暇村からお車で約15分

東武バスをご利用の方は、日光駅中禅寺方面に乗車のうえ「大崎」バス停にて下車。徒歩約1分


営業時間  10:00~17:00
休館日   火曜日  ※営業時間及び休館日は、季節により変動することがあります。
 
電話 0288-25-6000

入場料 大人2000円  中人(中、高生)1000円  小人(4歳~小学校6年生)500円



 
9月14日の午前6時ごろの気温は約9度。湯元にも秋の訪れが感じられるようになりました。奥日光にお出かけの際は上着等をお忘れなく。


 

日本両棲類研究所

PAGE TOP