お知らせ

2017.12.14

ふたご座流星群が極大をむかえます

1,444 view

スタッフ名:今井

画像1
画像2
ふたご座流星群の活動は、12月14日16時頃に極大を
迎えると予想されています。
日本でいちばんの見頃となるのは、極大を迎える前の、
14日の0時過ぎを中心とした数時間だと考えられます。
空の暗い場所で観察すれば、最も多いときで1時間あたり
40個程度の流星を見ることができると予想されます。
(国立天文台・ほしぞら情報より一部抜粋)

休暇村では星空鑑賞会を20時より行っています(☆が見える時)
見過ごしてしまった方は、今晩がチャンスです!

国立天文台・ほしぞら情報

PAGE TOP