観光

2021.11.09

【紅葉情報】鳴子峡♪

215 view

スタッフ名:岡田

言わずと知れた名所!

宮城県「鳴子峡」といえば言わずと知れた紅葉の名所で、その美しさは宮城県、いや東北随一とも言われています。
紅葉時期には、県内外から多くの観光客が訪れ賑わいます。
私は昨年・今年と2年連続で紅葉狩りに行きましたが、昨年は紅葉が綺麗だったものの
コロナ禍でガラガラ、、、しかし今年は感染者数も減少傾向にあったためか、超満員!
しかし今年は少~し時期が遅れてしまい、紅葉は色あせが始まっていました・・・
 
と言う事で、昨年撮影した鳴子峡の紅葉の写真を交えてご紹介いたします。
画像1
画像2
画像3
宮城県大崎市にある鳴子峡は、大谷川の浸食に寄って形成された深さ約100mの大峡谷です。
初夏には目に眩しいほどの新緑が、10月下旬から11月上旬にかけては赤や黄に染まった
紅葉がお楽しみ頂けます。
 
松の緑とカエデ類の赤や黄に染まった紅葉はメリハリを感じさせ、情緒溢れる光景が
眼下に広がります。
また鳴子峡の定番の構図といえば、「紅葉×大深沢橋」・「紅葉と陸羽東線」です!


【紅葉×大深沢橋】
メリハリのある紅葉の中に白い大きな橋「大深沢橋」がかかると、色彩をぐっと
引き締めてくれます。紅葉だけでも綺麗ですが、この白い橋があることによって
他では見られない紅葉風景を見ることが出来ます。
画像1
画像2
【紅葉×陸羽東線】
陸羽東線(りくうとうせん)とは、JR東日本路線の1つで宮城県美里町の小牛田駅から山形県新庄市の新庄駅までを結ぶ、
「奥の細道湯けむりライン」の愛称で親しまれている鉄道です。
峡谷の紅葉の中を電車が走る構図を写真に収めようと、大深沢橋の上では時間になると
多くの写真愛好家が集まり、電車が通る瞬間を狙っています。
画像1
今年は出店屋台も多く出店されており、非常に多くの観光客の方々で賑わっていました。
行かれる際は、感染予防の徹底をおすすめいたします!
 
今年がダメだという方も、このブログを読んで来年訪れて頂ければと思います。
画像1
画像2

MORE

PAGE TOP