ブログ

2021.09.30

【特選】島内秋の花3種❁

335 view

スタッフ名:岡田

秋の花が見頃です!

ここ大島は、四季折々の花が楽しめる隠れスポットなんです!
春は山桜や御衣黄、夏は藤や向日葵、冬は椿といつ来ても綺麗な花に出会える
まさに「フラワーアイランド」とも呼べる大島。
今回は、この秋に見れる3種の花をピックアップしてご紹介いたします!
 
まずは赤い花から参りましょう!
“日本の秋の風物詩”といえば「彼岸花」と思う方も多いのではないでしょうか!
“お彼岸の時期に咲くから” “毒があり食べると死ぬ(彼岸に行く)”などのことから
その名がつきましたが、実は別の名前があるのは意外にもあまり知られていません!?
画像1
画像2
別名は「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」。この名前に聞き覚えがある方も多いと思います!
曼殊沙華という名前は、インドのサンスクリット語で「赤い花」「葉より先に咲く赤い花」
という意味の言葉が語源と言われています。
 
他にも「毒花」「痺れ花」「地獄花」「死人花」「墓花」「幽霊花」など、あまり良い印象を
持つ花ではないようです。
花言葉は、「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」などです。
悲しい思い出というのは、お墓などで咲いていることが由来と言われているそうです。
 
赤い花の次は青い花へ参りましょう!
こちらも毒があることで有名な「トリカブト」です。
画像1
山菜取りで最も気を付けなければならない野草の1つで、葉や茎、根など全体に猛毒が
あり、良くニリンソウと間違って食され、場合によっては死に至るケースも・・・。
しかし花はとっても綺麗♪
花言葉は、「騎士道」「栄光」
スミレに似た青や紫といった色で、日本らしい雅な美しさがあります。
 
さて最後は、赤と青を足した紫色の花です。
こちらも秋の風物詩の1つ「秋桜(コスモス)」です!
画像1
読んで字のごとく、秋に咲く桜に似た野草で、ピンクや白、オレンジなど様々な色で楽しませてくれます。
コスモスという名前の由来は、「美しい」という意味をもつギリシャ語の「kosmos」からきているんだとか!
実はこの花、原産はメキシコ!日本に持ち込まれたのは幕末の頃だそうです!
コスモスは花の色によって花言葉が異なります!紫やピンクは「乙女の純潔」、
白は「優美」「美麗」、黄色のコスモスは「野生の美しさ」という意味を持つんだそうです!
 
秋はまだ始まったばかりです!
この時期大島へお越しの際は、上記でご紹介した花を探してみてはいかがでしょうか!

MORE

PAGE TOP