ブログ

2021.02.23

南紀の春の訪れを求めて

159 view

スタッフ名:谷口

和歌山県南部にある南紀周辺は、1年を通して比較的温暖な気候です
品種によっては、1月頃から咲く桜もあります
 
一足早い春の訪れを求めて那智勝浦から串本までドライブしました
まずはJR那智駅の周辺を散策♪ 本日最初の桜を発見

 
世界遺産にも登録されている「補陀洛山寺(ふだらくさんじ)」の境内で色鮮やかなピンクの色の桜が咲いていました。
【補陀洛山寺(ふだらくさんじ)】

郡那智勝浦町浜ノ宮348
休暇村から車で約10分
境内に咲く桜
【補陀洛山寺】
平安時代から江戸時代にかけて、観音浄土を目指した補陀洛渡海の出発点
【補陀洛渡海船】
南海の彼方にあると信じられていた観音浄土へ渡る船

補陀洛山寺について

さらに南下して本州最南端の町「串本町」の大島に向けて出発
途中、「道の駅くしもと橋杭岩」に立ち寄り、橋杭岩を見ながら小休憩
橋杭岩(はしくいいわ)は国の天然記念物にも指定されていて、 串本から大島に向かって約850mの大小40あまりの奇岩が海上に並んでいます。

【道の駅くしもと橋杭岩】
休暇村から車で約40分

道の駅くしもと橋杭岩 公式サイト

寄り道おすすめスポット
道の駅「くしもと橋杭岩」のすぐそばにある「おざきのひもの」です

捕れたての新鮮な魚の旨みを堪能できる美味しい干物を販売しているお店です

店内には、イートインスペースもあり、美味しい魚の干物ランチも食べれます
 
【おざきのひもの】

串本町くじの川1477
TEL:0735-62-0337
ちなみ、私事ですが一夜干しのいかと金目鯛の干物を購入しました
休憩を終え、串本町の大島へ向け出発
くしもと大橋を渡り樫野埼灯台(かしのざきとうだい)に到着

樫野埼灯台は、大島の東端にある日本最古の石造り灯台です
今も活躍している自動点灯の無人灯台です

 
【くしもと大橋】
串本と大島をつなぐ架橋
【樫野崎駐車場】

串本町樫野埼
休暇村から車で約56分
園地内には、蜜を求め、桜の花の中を飛び回るかわいいメジロの姿も見られました
 
一足早い南紀の春を感じた一日でした

是非近くにお越しの際はお立ち寄りいただき、一足早い春を感じて癒されてください♪
 
【樫野埼灯台(かしのざきとうだい)】

大島の東端にある日本最古の石造り灯台です
明治3年(1870年)に建設され現在も活躍している自動点灯の無人灯台です
園地に咲く桜
桜の枝にとまるメジロ

樫野埼灯台について

MORE

PAGE TOP