お知らせ

2019.07.30

見た目も可愛いトルコのお守りはいかがですか?

90 view

スタッフ名:西山

 皆さんこんにちは。海や川で泳ぐ人がとても増えてきた頃ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回のブログでは、「トルコのお守り」についてご紹介したいと思います!


 こちらの写真にあるトルコのお守りは、ガラスで作られたもので、和歌山県の南部ではお土産として売られています。なぜトルコのお守りが和歌山県で売っているのかというと、1980年に和歌山県串本町の沖でトルコの船が岩にぶつかり沈没してしまい、大勢の方が亡くなられた中、大島という所に流れて助かったトルコ人がいました。その傷ついたトルコ人を大島の人たちは見捨てることはせず、少ない食料を分けてあげたりけがの手当てをしたそうです。そういった優しさがたたえられ、串本町とトルコは友好関係を築く事になりました。そして、トルコのお守りが串本町やその近辺で売られるようになりました。そしてこの休暇村南紀勝浦の売店でも販売しているというわけです。


 この写真には写っていませんが、他にブレスレットなども置いています。目のデザインで可愛らしいこのトルコのお守りは、ざまざまな所で見かけます。串本町の「二色」というところでは、このトルコのお守りの大きいオブジェクトが道沿いに置かれています。本拠地となった大島では、当時の出来事を専門に取り上げた「トルコ記念館」も建てられていて、その近くには大島沖で亡くなられたたくさんのトルコ人のためのお墓もあります。このお墓は毎年地元の学生が掃除をしています。それほど、トルコとこの地は深い絆で結ばれているというわけです。数年前にはその出来事が映画として出され、よりたくさんの人に知られることとなりました。


 いかがでしたか?トルコのお守りは見た目も可愛く、さらに深い話があるのでまさに「お守り」といえるものだと思います。実はその後日本人もトルコ人に助けられたという話もあるので持っているだけで力を貰えると思います!休暇村南紀勝浦にお越しの際は売店で是非、この話を思い出しながらご覧ください!本日も見て頂きありがとうございました!
PAGE TOP