観光

2019.06.10

本州最南端の『望楼の芝生』をご紹介します!

76 view

スタッフ名:西山

みなさんこんにちは。雨が降る時期になり、つい先日大雨が休暇村南紀勝浦でも降りました。
今回のブログでは、休暇村南紀勝浦から車で一時間程の所にある、潮岬の『望楼の芝生』をご紹介します!

まず、潮岬なのですが、潮岬は本州最南端にあり串本町に位置します。休暇村南紀勝浦がある『宇久井』と地形が似ていて、どちらの土地も元々は島だったようです。砂が波に流されて島と陸の間に積もり陸の一部になったそうです!
実は私はもともと潮岬に住んでいて、今回ご紹介する『望楼の芝』は遠足で行ったり遊びに行ったりするなじみの場所でした。この『望楼の芝』は大きい芝生の南側に、本州最南端の休憩所があり、入館無料で誰でも入ることが出来ます!芝をはさんだその向かい側には『潮岬観光タワー』と売店があります!売店の二階にはレストランがあり、大きな芝生と大きな海を見ながらお食事をすることが出来ます。そしてこの地の定番「まぐろ」を使った「まぐろバーガー」が売られています!

 そして『望楼の芝生』で一年に一度、一月の下旬に行われる大イベント『望楼の芝焼き』が有名です。
これは春の芽生え前に芝生を燃やして、病害虫の防除や新芽の育成を目的に行われます!お昼過ぎから地元の方が出す無料の食べ物をもらえたり、トルコの踊りや子どものダンスを見ることができます!焼く時間帯は夜で、地元串本古座高校の弓道部によって火が放たれます!火が芝生に広がっていく光景はとても幻想的で、冬ですがとても暖かくなります!先ほどご紹介した「まぐろバーガー」を食べながら、自然の暖かさを感じてみてはいかがでしょうか。これ以外でも、地域の学校のマラソン大会でコースとして使われたり、キャンプスペースでキャンプを楽しむ人もいます!

いかがでしたか?『望楼の芝生』では、さまざまなイベントがあるほか、一般の人もお正月には凧揚げをしたり犬の散歩をしたり、はたまた携帯を片手にポケモンを集めたり・・・という光景がたくさん見られます!最近は『望楼の芝生』の近くに新しくラーメン屋が出来たり、南紀熊野ジオパークセンターができたので、芝生以外も楽しむことが出来ます!広い芝生で寝転んでゆったりしたり、キャンプをしたりしてみてはいかがでしょうか。今日もこのブログを見ていただきありがとうございます!また次のブログで会いましょう!
PAGE TOP