観光

2022.11.24

秋の絶景🍁和歌山紅葉スポット

266 view

スタッフ名:鎌田

秋の深まりとともに気になるのが紅葉。和歌山は海だけではなく山もありますので、県内の様々な場所で四季折々の風景を楽しむ事が出来ます。

今回はそんな和歌山県でスタッフがオススメする紅葉の名所と見ごろの時期をご紹介させて頂きます。

①広大な境内から眺める紅葉は絶景!【根來寺】

根来寺(ねごろじ)は新義真言宗総本山。春には桜の名所として、秋には紅葉の名所としても観光客で賑わいます。
国宝「根本大塔」や数々の重要文化財を有し、多くの参拝者が訪れる観光スポットです。
春の桜や夏の新緑、秋には紅葉の名所として観光客で賑わい、四季折々の自然を感じることができます。
毎年、11月下旬から12月上旬までカエデを中心に色づき、燃えるような赤い色が何とも言えない絶景を作り出します。広大な境内では多くの文化財を鑑賞しながら紅葉をお楽しみいただけます。
根來寺おすすめ紅葉スポットは「もみじ谷」。橋の上から赤く染まった一面の紅葉を眺められますので根來寺に訪れた際は是非お立ち寄りください。
例年の紅葉見頃 11月下旬〜12月上旬
住所 〒649-6202
和歌山県岩出市根来2286
アクセス 阪和自動車道 泉南ICから車で約20分
阪和自動車道 和歌山ICから車で約25分
京奈和自動車道 岩出・根来ICから車で約5分
休暇村紀州加太から車で約60分

根來寺公式ウェブサイト

②和歌山の中心地で静まり返った空間で愉しむ紅葉【西之丸庭園】

和歌山城内北側に位置し、江戸初期の大名庭園「西之丸庭園」。別名「紅葉渓庭園」とも呼ばれ、その名の通り秋には赤い葉が園内を彩り、池に浮かぶ「鳶魚閣(えんぎょかく)」と紅葉を映す水鏡はまるで絵画のような空間が広がります。
園内には茶室・紅松庵(昭和48年に和歌山市の名誉市民である故松下幸之助氏が寄贈した茶室)があり、紅葉を眺めながら抹茶とお菓子をお楽しみいただけます。
 
徒歩圏内には和歌山城、天守閣や和歌山城動物園など見どころの多く歴史を感じながら美しい紅葉を見られる絶景スポットです。アクセスも良好なので是非贅沢な秋のひとときを感じてみてはいかがでしょうか?
例年の紅葉見頃 11月下旬~12月上旬
住所 和歌山県和歌山市一番丁3
アクセス 阪和自動車道和歌山ICから約20分
南海和歌山市駅から徒歩約20分
休暇村から車で約30分

和歌山城公式ウェブサイト

冬おすすめは『天然クエ』

和歌山の『冬の味覚』といえば『幻の高級魚 クエ』。
天然クエの漁は、一本釣り。だから漁獲量も少なく幻と言われています。
さらに、見た目からは想像もできない程の繊細な味わいは、他では決して味わえない味わいです。
脂ののったゼラチン質の食感はクセになる美味しさ。アンコウや河豚よりも美味しいと評されます。
休暇村で是非自慢の天然クエをご賞味ください!
画像1

冬のおすすめ宿泊プランはこちらから

スタッフ

Staff blog

Archive

2022年(339)
2021年(371)
2020年(332)
2019年(320)
2018年(334)
2017年(214)
PAGE TOP