その他

2014.05.07

あの名作の舞台

あの名作の舞台
あの名作の舞台
天城越えの国道414号を脇に入ると未舗装の道が始まります。この森に囲まれた道をしばらく走ると、石造りのトンネルが現れます。これが旧天城トンネル。川端康成の小説『伊豆の踊り子』の舞台となったトンネルです。旧天城トンネルは明治38(1905)年に完成した石造りのトンネルで重要文化財に指定されていますが、完成して以来現在でも現役。人はもちろん自動車も通行出来ます。静かな森の中に佇む苔むしたトンネルは、完成以来流れた長い歳月を感じさせてくれます。天城峠を越えて南伊豆へお越しの際は、少し寄り道をしてこのトンネルを訪れてはいかがでしょうか。亀谷
PAGE TOP