観光

2017.11.18

湯道の紅葉 天城湯ヶ島の散歩道

1,340 view

スタッフ名:矢津田

画像1
画像2
画像3
画像4
湯ヶ島温泉に「湯道(ゆみち)」という散歩道があります。
この山里には地域の人たちの共同浴場があり、そこに通うため道が「湯道」でした。
この散歩道は、美しい名を残し、雰囲気をこわさないように整備された散歩道です。

湯ヶ島温泉は多くの文人に愛されて来ました。
かつてこの場所を訪れた文人も歩いたであろう「湯道」沿いには、
今も共同浴場が残り、文人たちが滞在した旅館が残っています。

川端康成が伊豆の踊り子を書いた宿はここか、
井上靖が滞在した宿はここか、
梶井基次郎が川端康成を訪ねた道はこの道か、

そういう思いを浮かべながら「湯道」を散歩して来ました。
画像1
画像2
画像3
画像4
湯ヶ島温泉は本谷川と猫越川という二つ川が合流し、狩野川の起点となる場所にあります。
この二つの川が合流する手前に、同じ形をした二つの橋がかかっています。
本谷川にかかる「出会い橋・男橋」と猫越川にかかる「出会い橋・女橋」です。

ふたつの橋の間にはモニュメントがあります。

文人たちが滞在した宿

【湯本館】川端康成が伊豆の踊子を執筆した旅館
「昭和2年まで10年の間、私は湯ヶ島にいかない年はなく、 大正13年に大学を出てからの3,4年は湯本館での滞在が、半年あるいは1年以上に長びいた。」
【落合楼】田山花袋、島崎藤村 梶井基次郎など、多くの文人が滞在しました。
二つの川の合流点の先、狩野川にかかる渡り廊下。今は使われていないように見えました。
【湯川屋】昭和元年の大晦日に湯ヶ島に訪れた梶井基次郎は、落合楼に宿をとり川端康成に面識を得るため訪ねます。落合楼には一晩しか宿泊出来ず、以降は川端康成が確保してくれたこの湯川屋に滞在したようです。梶井基次郎は毎日川端康成を訪ね、伊豆の踊子の校正も手伝ったようです。
(日経新聞2017年11月4日 傍らにいた人より)

湯川屋から湯本館までは歩いて10分ほどでした。
湯川屋は残念ながら廃業したようです。
 
【白壁荘】井上靖や木下順二が滞在した旅館
二十数年前、白壁荘のご主人だった宇田博司さんから、この散歩道「湯道」の構想についてのお話を聞いたことがあります。大変、魅力的な方で、著作の「いのしし武者 白壁荘夜話」も読ませて頂きました。

この「湯道」を知ったのは、それがきっかけでした。

湯道にある共同浴場

【かじかの湯】
湯元館のとなりにあります。
【世古の大湯】
湯川屋の隣の階段を下りた場所にあります。
【滝の湯】
ビジターの方は入浴出来ません。

伊豆の紅葉はこれからが本番

○修善寺もみじまつり
・修善寺もみじ林 平成29年11月15日~12月 5日
・修善寺虹の郷 平成29年11月17日~12月 3日
○天城越え紅葉まつり 平成29年11月 1日~11月30日
○伊豆天城路 河津秋まつり 平成29年11月20日~12月10日

※写真は出会い橋から見た川床のある旅館です。こたつが並んでいました。
PAGE TOP