ブログ

2017.11.13

天城山の紅葉

1,939 view

スタッフ名:市原

天城山は紅葉が最盛期です

画像1
画像2
画像3
画像4
天城という名は、川端康成の小説「伊豆の踊子」で有名なったと言われています。
天城山とは、「伊豆の山といえば、まず天城山」を思い浮べるような伊豆を代表する山です。

伊豆の最高峰の天城山は、連山の総称で万三郎岳(ばんざぶろうだけ 1,406M)、万二郎岳(ばんじろうだけ 1,299M)などから構成され、日本百名山のひとつでもあります。

ハイカーには天城縦走路(天城山から八丁池を越え旧天城トンネルまでのコース)が有名ですが、今回は紅葉シーズンの万三郎・万二郎コース(天城シャクナゲコース)を登りました。

途中、鹿に出会うなど、紅葉が美しく伊豆の自然が満喫できる片道約2.5時間のハイキングコースです。





 

天城シャクナゲコースのマップ

①天城高原ゴルフ場にハイカー専用無料駐車場があります。(普通車約90台)休暇村から約1時間20分程。
②駐車場にはトイレや足洗い場が設置され、快適です。
③ハイカー専用駐車場をへだてて向かい側にある登山口からスタート。四辻からから万二郎岳を目指します。
④稲取の細野高原(海すすき)が見渡せます。(小さくてすいません)
⑤万二郎岳に到着です。(1,299M)紅葉が最高でした。
⑥運がよければ鹿に出会えるかも。
⑦アセビのトンネルを通ります。(3月~5月初めに開花)
⑧馬の背→石楠立(はなだて)から、アマギシャクナゲの群生地を通過。(5.6月に開花)
⑨紅葉は見事です。富士山も望めますが、撮影は難しかったです。
⑩万三郎岳に到着。片道約2.5時間でした。復路もほぼ同時間です。
PAGE TOP