観光

2020.11.20

秋の天城路

562 view

スタッフ名:関谷

画像1
天城の紅葉が見ごろを迎えています。
本格的なトレッキングというより、森の中を散歩、といったかんじで歩けるコースをご紹介します。おすすめは、道の駅「天城越え」の中にある昭和の森会館から伊豆一の巨木「太郎杉」までのコースです。アップダウンも少なく運動靴でも歩きやすい道なので、道の駅に立ち寄ったついでに気軽に行け、ワサビ田や美しい渓谷を眺められるのも大きな魅力です。

昭和の森会館(道の駅天城越え) ⇒ 踊子歩道 ⇒ 滑沢渓谷 ⇒ 太郎杉 ⇒ 竜姿の滝 ⇒ 昭和の森会館  約4Km

先週に行った際の状況だけお知らせします。(この時はまだこれから・・・という感じでした)
画像1
出発してすぐの昭和の森です。最高の時期になると、一番上の写真のように真っ赤に染まります。
画像1
滑沢(なめさわ)渓谷は大きな一枚岩の上を川が流れており、周辺にワサビ田もあるきれいな清流と静けさが魅力です。この渓谷沿いの左右に遊歩道があります。
井上靖の処女作、『猟銃』のモチーフにもなった場所だそうです。
画像1
樹齢450年以上、高さ53メートル、静岡県の天然記念物にもなっている天城山中最大の太郎杉。「森の巨人たち100選」にも選ばれています。
画像1
竜姿(りゅうし)の滝。滝の左側の岩が、川面につかった竜が鼻先を滝に向けて体をうねらせているように見えることからつけられたらしいです。落差3m2条の小さな滝ですが、癒されます。
森の中を歩いていると、いろいろ自然のすごさを感じます。
右の写真は太郎杉の近くの沢で撮ったものです。岩から大きな木が生えている・・・こんな発見も楽しいですよね。

MORE

PAGE TOP