ブログ

2023.03.19

網張のスキーと温泉とアイスクリーム

259 view

スタッフ名:中村龍

網張温泉スキー場2022-2023シーズン

残すところあと1週間です!!(3/26まで)

画像1
盛岡駅から送迎バスで50分、2023年に行くべき52ヶ所・盛岡の奥座敷、網張温泉より発信いたします。Amihari Onsen is located 50 minutes by shuttle bus from Morioka Station.

いよいよあと1週間に迫ってまいりました!!まだまだ滑り倒します網張温泉スキー場です(笑)

今シーズンもいろいろなことがありました・・・

その中で最近ふと気づいたこと、それは・・・
冬なのに、寒いのに、「網張のソフトクリーム」が売れていること
まだしっかりとした統計はとっていないものの、このシーズンを通してスキーセンター内で美味しそうにソフトクリームを頬張る皆様の笑顔をたくさん拝見させていただきました。

でも、私ふと思いました。

外は白銀の世界、氷点下の世界、、、寒くない?!って

でも、みなさんいい顔してるんですよ( ´艸`)

ということで、ここからはいつもどおり一部私個人の見解を含む、分析結果をいくつか発表しますwww
 
冬に網張でソフトクリーム(アイス)が食べたくなる理由
【体温維持の為】
外が極寒の大自然ゲレンデ、体温保持が難しくなります。
人は体温を保持するためにエネルギーを消費します。また、上がった体温を保持するために代謝を上げます。代謝が上がると脂肪が消費され減ってしまい、レプチンという成分が少なくなってしまうそうです。
レプチン=食欲を抑える働き、つまりこれが少なくなると甘いものが食べたくなるという仕組みだそうです。

外が寒い→体温が低くなる→(スキーをして)エネルギー消費→体温上がる→保持するために代謝を上げる→レプチンが減る→甘いものが食べたくなる。

素晴らしい仕組み。人間ってすごいですね。
 
【ソフトクリームの栄養素】
このほかにも疲れ、ストレス、女性ホルモンの関係などで「糖分」「セロトニン」「脂肪」などが不足していると、アイスが食べたくなるようです。

一見栄養がないアイスですが、実は身近な栄養素が含まれています。

例えばアイスクリームは牛乳が主成分ですから、カルシウムが含まれています。
またバニラなら、動物性たんぱく質が含まれています。
 
【網張スキー場は絶好のアイスを食べる場所】
では実際のスキー場でソフトクリームと考えた場合、以下のようなことが考えられませんか?!

・スキーセンター内が暖かいから
⇒極寒のゲレンデ(外)から暖められたスキーセンター内へ、そんな部屋の中で冷たいアイスを食べるのが至福ですよね

・スキーのあとは代謝が上がるから
⇒上記で説明した通り、スキーで疲れた身体は甘いものや脂肪を補給しようとします。アイスは甘いし脂肪を補完できますから、食べたくなりますよね。

・頭がすっきりする
⇒逆に室内でぼーっとした頭をすっきりするにはもってこいですね

・なにより濃厚な「網張のソフトクリーム」が魅力的だから☆
夏に食べたいアイスと、冬に食べたいアイスって、種類が違いませんか?
夏はシャーベットアイスのようなさっぱりしたものや、氷菓系アイスが食べたくなりますが、
冬は濃厚な網張のソフトクリームが食べたくなるこれが一因になっているではないでしょうか。
画像1
画像2
画像3

要は、「足りないからほしくなる」

いろいろとだしてみましたが、要は皆様が「網張ソフトクリーム」を欲しているんです(笑)

アイスに限ったことではないですが、足りていなければ身体は欲します。

網張温泉にいらっしゃる理由はいろいろあると思いますが、皆さまがスキーを、温泉を、そしてソフトクリームを求めている。

それらを全て満たす場所・・・それが「網張温泉」なのです!!

ぜひ、冬の網張でソフトクリームを食べてみてください!!

そんなこと言われてもーもうすぐスキー場は終了、、、もう間に合わない(-_-;)

そんなことお考えの皆様、ご安心ください!!食べれますよ!!網張温泉の喫茶コーナーで!!
 
画像1

全国旅行支援6/30まで延長中です!!

上記画像は網張の喫茶コーナー名物網張クリームソーダ「翠(みどり)」

冬に限らず、春夏秋と網張景色のなかで食べるソフトクリームはさぞかし皆様を満たすもの!!

全国旅行支援も延長となったことですので、ぜひお得に網張にいらしてみてはいかがでしょうか?
お待ちしております!!

網張温泉のお得な宿泊はこちらから

画像1
画像2
画像3
余談ですが、アイスを食べるときに最も気になるところ、それはやはり「太ったらどうしよう」ということではないでしょうか。

実際のところ、糖質が少ないものの、カロリーは多めのようです。

また、空腹時にアイスをたべるのは太りやすいですから、やめましょうとのこと。
(空腹時に糖質を摂取すると血糖値が急上昇し、身体が脂肪を蓄えるから)

つまり、おすすめのアイスを食べる時間は、昼間の活動時間中。
スキーをして、お昼にスキーセンターで網張ラーメンを食べて、そのあと温泉に入って、網張ソフトクリームを食べることがベストと私は考えました(笑)
ぜひ、ご参考までに・・

ご閲覧ありがとうございました!!

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP