ブログ

2020.07.10

日本一の群生地、岩手山の「コマクサ」が見頃を迎えています

7,035 view

スタッフ名:中村龍(編集:鎌尾)

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
全長約1km!これでもか!とコマクサが咲くお花畑ロード
先日ご紹介した岩手山では高山植物の女王様「コマクサ」が見頃を迎えてます。
上記画像は岩手山焼走りルート途中のお花畑ロード。全長約1kmに無数のコマクサがこれでもかと咲いていました。(7/7現在)
岩手山のコマクサは見頃の期間が7月初旬から8月中旬までと長いことも特徴です。

【コマクサ】
漢字では「駒草」。駒とは馬のことで花が細く馬のようにみえることで名付けられた。コマクサは、寒さ、強風、乾燥など、環境の厳しい高山帯でも特に厳しく、ほかの高山植物が生えることができないような稜線の砂礫地を好んで生える、孤高の花である。

淡いピンク色の花が登山道沿いの荒涼とした岩場に彩りを添え、訪れた登山者のハートを鷲つかみです。当日登った私自身も、この花をみて疲れが吹っ飛びました(笑)

このコマクサ、東北の山では岩手山と秋田駒ヶ岳、蔵王連峰の3か所のみとのこと。
厳しい自然環境の中、長い歴史を生き抜いてきた証のお花たちです。

現在、休暇村岩手網張温泉では登山される方におススメの【朝食なし・早朝出発OK】のプランや、【平日限定・1泊朝食付】温泉でゆったり足を伸ばして肩まで浸かる♪朝食ビュッフェ付きプラン
などなどいろいろなプランをご案内しております。

ぜひ、網張温泉を拠点に夏の岩手の山・自然をお楽しみくださいませ。

網張温泉の各種プランはこちらから

7つの登山口を持つ岩手県の最高峰「岩手山」
画像1
画像2
画像3
↑地図画像出典:環境省・十和田八幡平国立公園ホームページ
「岩手山」は7つの登山口を擁する岩手県最高峰の半独立峰です。
半独立峰と書いたのは、片側が富士山のように流れて平地に達し、もう一方は尾根続きとなっている形状をしているためです。
このため、日本各地に「ご当地富士」がありますが、岩手山は別名「南部片富士」とも呼ばれています。(南部は藩政時代の藩の呼称)
7つの登山口には大体近くに里宮として「岩手山神社」が設けられていて、鎌倉時代から始まったとされる山岳信仰(山をご神体として崇める風習)の名残を今に残しています。
休暇村岩手網張温泉の敷地内にも「網張薬師社」が建っています。
日本一のコマクサの群落はどこ?→焼走りコースです。
画像1
↑地図画像出典:環境省・十和田八幡平国立公園ホームページ
日本一のコマクサの群落は焼走りコースの途中、噴出口とツルハシ分れの間にあります。
噴出口は1719年に噴火した跡で、溶岩地形では日本で唯一の国指定天然記念物になっている「焼走り溶岩流」が流れ出した跡です。

休暇村岩手網張温泉から「焼走り登山口」まではお車で40分です。
「焼走りコース」のコースタイムは上り5時間、下り3時間30分です。
岩手山を目いっぱい満喫するなら?→断然「網張コース」です
画像1
↑地図画像出典:環境省・十和田八幡平国立公園ホームページ
変化に富んだ山容が特徴の岩手山の中でも、最もその変化を網羅した山旅を満喫できるのが「網張コース」です。
運行日にリフトを利用するのが一般的ですが、ゲレンデの中を足で上ることもできます。
大小の湖沼が美しい「お花畑コース」と、切り立った断崖が続く「鬼ケ城コース」が選べ、どちらも岩手山を代表するポイントとなっています。

コマクサの群落を経由して焼走りに下ると、コースタイム9時間30分となります。
健脚の方は小屋泊まり無しで下山できますが、一般の方は不動平や八合目の避難小屋に1泊する行程を組んだ方がよりしっかりと岩手山を満喫でき安心です。

ちなみに「網張コース」を往復する場合も小屋泊まりをおすすめします。
画像1
いかがでしたか?
歩いてしか見に行けない日本一の絶景ですが、行くだけの価値はあります。
山歩きがお好きな方は、ぜひ次の計画に「夏の岩手山」を入れてみてください。

(画像は旧網張街道から見た岩手山)

MORE

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP