グルメ

2023.05.30

巨大!圧巻!! 伊良湖岬、絶品『岩ガキ』のシーズン開幕!

8,072 view

スタッフ名:筒井

もう初夏。旬の「岩ガキ」を求めて伊良湖岬に行くしかない…っ!

6月ももう目前。激甘スイートコーンや露地メロンの収穫が始まったり、名物のマスクメロン狩りができるようになったりと、渥美半島にとっては一年で一番”おいしい"シーズンの幕開けでございます。
そんな初夏の渥美半島で、旬を迎える人気の『海の幸』があるのをご存知でしょうか。

それが、 『岩牡蠣(イワガキ/岩かき/岩ガキ)』 でございます。


生まれも育ちも関東の私にとって、「牡蠣(かき)」といったら冬に鍋のスミに密集してプルプルしているちっちゃいコたち、という認識だったのですが、違うんですよ、伊良湖の天然岩ガキは。全然別物なんです。伊良湖近海で獲れる岩ガキはですね……
 …と、説明するより見ていただいた方が早いですよね、、

…………ということで!
休暇村から車で5~10分! いざ、岩ガキを食べに行きましょう
  
やって参りました、伊良湖岬は恋路ヶ浜(こいじがはま)!!
魚介類を扱ったお食事処が集まっているトコ、と言ったらここを抜きにして語れません。
初夏の岩ガキは人気メニューなので、このあたりのお食事処では大抵どこでも堪能することができます。

早速目に飛び込んできた『岩ガキ』の文字と大きな水槽に惹かれて、お店の並びの一番手前・『はまゆう』へお邪魔したいと思います!

  
画像1
画像2
本日の岩ガキは、「普通サイズ800円」と「大きめサイズ1300円」の2タイプ。
今回のワタクシには”伊良湖の岩ガキの凄さを広く知らしめる”という勝手に帯びた使命がございますので、それはもう、大きい方で!
調理法も生と焼きガキとで選べたので、執拗に写真を撮りまくっても冷めてしまったりしない(そして「新鮮なの食べた~感」がひとしおな)生の方でお願いしました。

  
そして登場したのが…

こちら! 『イィ!ワァ!グァ!キィィイィィーーーー!!!』

画像1
画像2
画像3
画像4
レニー・ハートのリングコールが轟いてきそうな、皿に収まりきっていない巨躯。
「それは牡蠣と言うには、あまりに大きすぎた。 大きく、ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎた。 それは正に岩塊だった」と三浦先生なら表現してくれるかもしれない、圧倒的存在感。

伊良湖の、『岩ガキ』でございます。


殻に、牡蠣特有のしゅっとした細さがない(なんというか丸い)。
何よりも、デカイ。そして重い。
箸で持ち上げて他の角度からもご覧いただこうと思ったのですが、自重で切れてしまいました。
画像1
画像2
裂け目からはシチューのような中身が溢れ出てきました。これがまたとってもクリーミィーで美味しいのです。
プリンプリンで柔い部分も、少し歯ごたえがあって噛むほどに味が感じられる貝ひも?部分や貝柱部分も、どこかしこにも、それぞれに旨味が濃厚に詰まっています。
それが、(質量が)大きいので、食べても食べてもそうすぐにはなくならない。圧倒的幸福感っ…! でございます。
これを食べるのを目的に、伊良湖岬までお越しになるファンの方々のお気持ちも良く分かろうというものです。



この岩ガキ、冬場が旬の真牡蠣と違って、旬は初夏から夏。伊良湖岬近くでは6月~9月位頃に楽しむことができまして、「産卵を終えて痩せてしまうお盆明けくらいまでの期間が特に美味しくてオススメ」と言われています。
つまりお楽しみはまさにこ、れ、か、ら♪
「初物七十五日(はつものしちじゅうごにち)」とも言いますしね!  この美味しい旬の食材を先取りして堪能して、皆様にも寿命をうんと延ばしていただけたらと思います。

お越しの際、または滞在中のご昼食などに。この季節は是非! 伊良湖岬付近で『岩ガキ』、楽しんで行ってください。
画像1
美味しくいただいた後の、岩ガキの殻(裏返した図)。
隕石かはたまた火成岩では、というくらい、岩石しい外殻でございます。


     
勿論、他の海の幸も色々と楽しめる伊良湖岬一帯です
今回お邪魔した『はまゆう』には、岩ガキの他にも豊富な海の幸メニューが。
皆様も伊良湖でのランチタイムには、「刺身は絶対食べたい、でも折角焼きたてが食べられる機会だし伊良湖の定番「大あさり」やサザエのつぼ焼きも…」と悩むことがあるかもしれません。
でもご心配なく! 単品ずつでも頼めますし、色々揃ったお得なセット(定食)もあります。

今回定食に付帯していた水物は、旬の”露地メロン”イエローキング。渥美旅の旅情マシマシです。
退店時にはおまけにとパイナップル棒までいただきました。これをかじりながら灯台まで散策ですとか、実に夢のあるアイテムです……。
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

はまゆう他、恋路ヶ浜のお店が分かりやすい観光ビューローページ

大あさり、岩ガキ他、お土産に購入もできます。

画像1
画像2
伊良湖岬名物の大あさりや、今季イチオシの岩ガキ。
気に入ったので生のものをお土産に買って帰りたい!という方もいらっしゃるでしょう。
(休暇村伊良湖キャンプ場でのディナーに、新鮮な貝を豪勢に焼くのも良いですよね)

「はまゆう」店頭では、調理しての販売のみならず、持ち帰り用の貝の販売もしていました。
これで、おうちのご家族方にも、季節の美味しいものを持って帰ってあげられますね♪ 
貝類に目のない方は特に、恋路ヶ浜を是非是非チェックでございます。

初夏の伊良湖岬、ご宿泊はこちら♪

MORE

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP