ブログ

2021.03.24

春の代表植物

361 view

スタッフ名:御園

花を摘んだり、綿毛を飛ばして遊んだりと子供の頃から馴染みのある「タンポポ」。
タンポポを見ると、春が来たなと実感します♪
まさに今が見頃ですが、タンポポを見ていると詳しく調べたくなったので今回は「タンポポの豆知識」をご紹介します!
 

タンポポは2種類!?

タンポポは在来種(ニホンタンポポ)と外来種(セイヨウタンポポ)の2種類存在します。
花びらの付け根にあるガクの部分が閉じているのが在来種、そり返っているのが外来種です。
現在見られているタンポポのほとんどが外来種なんだそうです。

タンポポの花言葉

「真心の愛」「愛の信託」「神のお告げ」「思わせぶり」などの意味があります。
またタンポポは綿毛に変わりますが、綿毛に息を吹きかけると遠くに飛んでいってしまうことから「別離」の意味もあります。
タンポポの花言葉はなんだか恋愛に関わるものばかりですね。
ヨーロッパでは昔からタンポポの綿毛が恋占いに使われていると言われています。

ちなみに、綿毛は0.5mの微風があれば(息を吹きかけるくらい)気流に乗り10km以上飛んでいくようです。
飛んだ先で落ちたところにまたタンポポが咲くとも言われています。



普段何気なく見ている植物を調べてみると意外な花言葉や正体が分かり、とても面白いのでこのブログを読んだあとぜひ、タンポポを見て在来種なのか、外来種なのか、見てみてください^ ^
PAGE TOP